友の会とは大人から子どもまで誰でも参加できる
地域ごとにつくられた野尻湖発掘調査団の組織です。

発掘に参加したい場合は近くの地域の友の会に入会して、各友の会の催し物への参加や発掘に向けた準備をします。

 

各友の会は、基本理念である
「野尻湖の発掘を支える組織にしよう」
「各地域の‘郷土’の自然とその生い立ちを明らかにしよう」
の2つを掲げて、高原での植物の勉強や鉱物の採集など 地域の環境を活かした個性的な特色ある行事がおこなわれています。

 

現在、北は北海道から南は福岡県まで全国23ヶ所にあります。

近くに友の会がない場合は、
「散在会員」として参加することができます。

近くに友の会のない人は、“散在会員”として発掘に参加することになります(もちろん有志を募って新しい友の会をつくることもできます)。
散在会員は、調査団が発行する散在会員向け機関誌「のじりっこ」での“誌上学習会”で勉強したり、個人で本を読んだりして学習し、発掘に備えます。

新しい友の会を発足させる場合は近くの会員と協力して発足させ、いっしょに準備していきます。

Start typing and press Enter to search