2019年春の湖底地質調査のお知らせ

イベント

2019年春の湖底地質調査のお知らせ
第22次野尻湖発掘の地層を調査します

主催 野尻湖発掘調査団
共催 野尻湖ナウマンゾウ博物館

野尻湖のキルサイト(狩猟解体遺跡)のようすを明らかにしようという目的で、 第 20 次発掘から第 21 次発掘まで、発掘地のI区と呼ばれる地域を中心に発掘 を行なってきました。水位の関係で、第 22 次発掘は湖岸に近いIII-B.C-13 グリ ッド、III-I-4,5 グリッドを発掘しました。そこでは、ナウマンゾウ化石や植物 化石などが発見されています。地層の調査は、2020年に行なう第23次発掘をど のように行なうかを決める上で欠かせない調査です。調査団では、発掘の前年 の湖底が干上がる 3 月に、湖底の地質調査を行なってきました。2019 年も湖底 の地質調査を行います。発掘をささえる友の会事務局や専門グループ事務局の 方はぜひ参加して、地層の学習をしましょう。
発掘の水位が予定通り下がらない場合には、地質調査のスケジュールや内容 を変更することもありますが、ご了承ください。今回は、地質調査ですので発掘 ではなく、地層の観察や記録を行います。2 月下旬には詳細を決めますので、詳 しくは野尻湖発掘調査団事務局までお問い合わせください。

◆ 地質調査場所  野尻湖 立が鼻遺跡
◆ 期    間  2019年3月21日(木)~24日(月)
◆ スケジュールと内容(案内書をダウンロードください)
◆ 持ち物  ナップザック、軍手、ぼうし、雨具、タオル、長靴、筆記用具、健康保険証、名 前入り洗濯バサミ(長靴にはさみ使用します)、マグカップ、洗面用具、着替え、 常備薬
あれば便利なもの:地質調査用具、草かきカマ、ルーペ、ヘルメット、 サングラス
◆ 服装  野尻の3月には雪が降りますので、雪のなかの地質調査になります。湖底を 掘りますので、水はでてきます。長靴や防寒着、雨具などは必需品です。
◆ 費用  ☆ 参加費(保険代・おやつ代・資料代など)※ 参加する日程に関係なく一律 一般 1200 円 / 大学生~小学生 700 円
◆ 宿舎  ★まとめの会に参加することができれば、宿舎は自由です。各自で申し込んでくださ
い。ただし、宿泊費はそれぞれの宿舎で違ってきますので、ご注意ください。 午前、午後の調査開始の時間に必ず間に合うこと、まとめの会に参加することを条件に日帰りも可能です。
★ 調査団を通して、下記の宿舎でしたら3食付5500円でご案内できます。 宮川旅館、小松屋ホテル、藤屋旅館、吉野屋
ただし、相部屋で、バス・トイレは共用になります。 ご希望の方は、申込書の宿泊欄に〇をつけて、申し込んでください。 食事は夕食から翌日の昼食までが 1 セットです。 参加申込書に必要事項を記入して、それぞれの友の会事務局に直接申し込んでください。 友の会に入っていない方は、野尻湖発掘調査団事務局にお問い合わせください。 宿泊費・参加費・コンパ代は参加される当日の受付のときにいただきます。
◆ 取り消しについて  参加する前日に取り消しされた場合には、1 泊分の違約金をいただきます。
◆ 派遣依頼について  派遣依頼が必要な方は、参加申込書の派遣依頼の欄に機関名・機関長名・機関住所を明記して下さい。
◆ 申し込み締め切り  2月28日(木) 友の会事務局必着
公共交通機関利用の方は、しなの鉄道北しなの線 黒姫駅で下車してくだ さい。野尻行きのバスはありますが、便数が少ないです。タクシーを利用の際 は、黒姫駅の観光案内所で、初乗り料金分の助成券がもらえます。
◆ 最終連絡  申し込まれた方には、最終連絡を 3 月中旬までにお送りします。詳しいこと はそれをご覧ください。
◆ 申し込み先
友の会会員の方は、各地の友の会事務局
友の会会員以外の方は
389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻 287-5 野尻湖ナウマンゾウ博物館気付 野尻湖発掘調査団事務局
Tel 026-258-2090  Fax 026-258-3551
E-mail nojiriko@avis.ne.jp