2017年春の野尻湖地質調査のお知らせ

2017年春の野尻湖地質調査のお知らせ
第21次野尻湖発掘の地層を調査します

主催 野尻湖発掘調査団
共催 野尻湖ナウマンゾウ博物館

野尻湖のキルサイト(狩猟解体遺跡)のようすを明らかにしようという目的で、第20次・第21次野尻湖発掘では、発掘地のⅠ区と呼ばれる地域を中心に発掘をおこなってきました。そこで、多くのナウマンゾウやオオツノジカの化石といっしょに、流紋岩資料などが発見されました。第21次発掘でみつかったオオツノジカの骨は明瞭な割れた面が残っていて、どのように割れたのかがわかる貴重な資料です。人が割ったものか、自然に割れたものか、いま研究が進んでいます。野尻湖がナウマンゾウの狩り場かどうかを調べる手掛かりとなる重要な資料です。
こうした化石が堆積していた地層の調査は、2018年の第22次発掘をどのようにおこなうかを決める上で欠かせません。そこで発掘の前年に、湖底の地質調査をおこなうことにしています。今回は、地質調査ですので発掘はおこないませんが、野尻湖友の会会員以外の方も参加できますので、野尻湖発掘に興味がある方はぜひご参加ください。

◆ 地質調査場所  野尻湖 立が鼻遺跡
◆ 期    間  2017年3月24日(金)~ 27日(月)
◆ スケジュールと内容

24日 
8:30~     準備
13:00~16:30 地質調査開始
18:00~19:00 夕食
19:00~20:00 学習会 立が鼻周辺の地質について
20:00~    コンパ(結団式)
25日 
8:30~16:30 地質調査(12:00~13:30 昼食)
18:00~19:00 夕食
19:00~20:30 学習会 スパイラル剥片について
26日 
8:30~16:30 地質調査(12:00~13:30昼食)
18:00~19:00 夕食
19:00~20:30 学習会 調査のまとめ
20:30~    コンパ
27日 
8:30~10:00 地層観察
10:00~12:00 うめもどし・あとかたづけ
13:00頃     解散

◆ 持 ち 物  ナップザック、軍手、帽子、雨具、タオル、長靴、筆記用具、健康保険証、
名前入り洗濯バサミ、マグカップ、洗面用具、着替え、常備薬
<あれば便利なもの>地質調査用具、草かきがま、ルーペ、ヘルメット、サングラスなど
◆ 服   装  よごれてもよい暖かい服装。長靴や防寒着などは必需品です。
◆ 費   用  参加費(保険代・資料代・おやつ代など)一般1200円/大学生~小学生700円
宿泊費 1泊5000円
コンパ代(1回につき)一般1000円 大学生500円 小学生~高校生300円
◆ 申込方法 参加案内をよく読み、参加申込書に必要事項をご記入の上、野尻湖発掘調査団事務局までお申し込みください。友の会会員の方は所属の友の会事務局にお申込みください。
◆ 申込締切 2月28日(火)必着
◆ お申し込み・お問い合わせ先

野尻湖発掘調査団事務局
〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻287-5
野尻湖ナウマンゾウ博物館気付
電話 026-258-2090 FAX 026-258-3551
E-mail nojiriko@avis.ne.jp

Recent Posts

Start typing and press Enter to search